2021年度キャンペーン詳細

当社は相談事業をメインに活動をしていますが、中にはお仕事をお任せいただけるケースがあるので棟数を絞ってお手伝いをさせて頂いております。その際、オープンハウス開催や記事掲載等を条件に100万円分の家具・照明をプレゼントさせて頂きます。

昨年度は2組のお施主様にこのモデル事業を通じて新築、リノベーションを計画して頂きました。
そのうちの1事例を紹介します。

 

神奈川県のマンションリノベーション

基本設計、監理:おおたかの森住まい研究所
実施設計:ゲンジアーキ/源+古川
施工:NENGO

中古マンション+リノベーション 総額約900万円(税別)

 ある大手のリノベーションワンストップサービスを契約していたお施主様から相談を受けたのはコロナ禍で非常事態宣言が出される少し前のことでした。設計担当との打ち合わせがうまくいかず、着工までに話がまとまりそうにない、予算も当初よりオーバーしている状態でした。お見積書をチェックしたところ、一度全体を解体するフルリノベーションの計画だったため、解体費用は元より新規で組み立てる壁などの費用がかなり嵩んでいました。一方で求めている間取りは実は叶っておらず、1からヒアリングを行いプランニングから再提案しました。

既存提案を上回るオーダーメイドキッチン

 既存の提案ではキッチンはベーシッククラスで食洗機もオプション扱いでした。今回は予算構成の大幅な見直しを行い、兼ねてよりお施主様が希望されているキッチンへのこだわりを実現すべく綿密なヒアリングを行いました。その結果、プランニングとの兼ね合いもありセパレート型を採用することとなりました。また、既製品では生活像が描けないとのこともあり、ヒアリング内容に応じて1からキッチンの構成をミリ単位で設計しました。素材の選定や、取手など細かい部品のディテールの検討を重ね、世界で一つだけのキッチンが完成しました。しかもセパレート型だったため、既製品よりも安く仕上げることができました。

 軽やかに仕上げるため、蹴込み部分を深く確保し宙に浮いているような納まりを採用しています。細かい部分までこだわれるのがオーダーメイドキッチンの最大の利点です。キッチンに使い方を合わせるのではなく、使い方にキッチンを合わせることで満足度もぐっと上がりました。

豊富な収納と使い勝手をプラス

 改修前には下足入れが一つあっただけの玄関スペースは、将来足腰が弱っていくことを考慮してベンチと手すりを設け、上部は来客用のコートかけ+枕棚を設置しました。手前には大きなクローゼットもあります。また出かける前にさっと身嗜みを確認できるように縦長の姿見鏡を設置しました。(右奥の靴用の棚類は後日カーテンを設置しました。)

限られたコスト内で最大のパフォーマンスを

 築40年程度のマンション室内は一度リフォームが行われていたため比較的きれいな状態でしたが、水回りに段差があったり天井が低かったりと長く住んでいるうちに気になりそうなポイントが多々有りました。こういった将来気になるであろう些細なポイントもしっかりフォローして設計しています。

STORES 予約 から予約する

TOP