地震のたびに家の強度は下がる

住まい便り

地震活動や震災発生リスクの高まりが報道され、関東圏でも30年以内に50%前後の確率で震度6以上の地震発生が予測されています。
一般的な住宅建築でも「耐震性」は誰しも気にするポイントとなっていますが、地震に耐えた後のことについてどれくらいの方がご存知でしょうか。

耐震設計の目的は人や家財を守ること

 建築物は本来、外的環境から身を守るための非常にシンプルな役割を持っています。現代においては建築基準法によって構造の安全性確保は義務付けられており、かつて耐震偽装マンションが社会問題になったように「住居=安全」であることは当然に約束されていなければなりません。

耐震等級について

 一般に「耐震等級3」が最も強いということはご存知の方が多いでしょう。耐震性能が3であることのメリットは、前述の人命家財を守ることに加えて復旧のコストを抑えられることにあります。

 地震のたびに建物は一定の方向に揺れるので見えない壁の中で柱、梁、筋交といった構造材が伸びたり縮んだりします。この時木材同士をつなぎとめている金具類が徐々に緩みます。耐震等級3レベルの設計ではこういった金具類の選定も計算に含まれているので、例えば壁の量とバランスだけで計算を終えることができる耐震等級1レベルと比べれば高い確率で地震後の損傷から復帰するコストや時間を短縮することができると言えます。

【想定外】は起きる

 記憶に新しい熊本地震は短期間に震度7クラスの地震が発生したことで注目を集めました。それまで建築基準法や構造設計者の想定にもなかった事象です。耐震等級1クラスでも震度7に一度は耐えることは可能だと思いますが、1度目の損傷が大きほど、2回目の揺れで倒壊する可能性が非常に高くなります。統計的にもこの地震で耐震等級3の建物がほとんど損傷しなかった要因は1度目の地震で変形や損傷が小さかったためだと考えられます。

 それまで想定されていなかったことが起きると、簡単に前提は崩れてしまいます。それは全国どこにいても変わりません。これは「耐震等級3だから安心」という認識すらいつか覆る日が来るかもしれません。

耐震診断を活用する

 これから新築を検討という方はあまり気にする必要がないかもしれませんが、すでに建築から時間が経っている建物では地震に耐えうる構造となっているか気になる方も多いでしょう。そういった場合には耐震診断を建築士が行うことができます。構造上大事な部分を目視等で確認して適切なアドバイスがもらえます。大切な家族や家財を守っていくためにも、大きな地震に備えて耐震診断を実施してみては如何でしょうか。

関連記事

最近の記事

TOP