リフォームとリノベーション

住まい便り

 一昔前までリノベーション という言葉はまだ一般的ではなかったように思います。最近では中古物件の購入からリノベの設計施工を一貫で請け負うワンストップサービスが登場して、住宅取得のメインストリームに食い込んできたほどです。
 一方、中古物件と聞くとリフォームの方がしっくり来る方もいらっしゃるように思うので、混乱しないよう整理して紹介します。

明確な定義はない

 身もふたもないことですが、両者に明確な線引きはありません。(違う線引きは法律上存在します。)広告などでも業者さんによって表現は違うので厳密に差があるかは正直議論する意味はないのかもしれません。

一般的なリフォームの範囲

リフォームというと「原状回復」の意味合いが濃いように思います。クロスを貼り替えたり、お風呂や洗面台を入れ替えたりする場合にはリフォームが適当です。reformですから前提が壊れていたり、マイナス状態を平常に戻す意味がありますから部分的な修繕はリフォームと言って良いでしょう。

リノベーションはドラスティックな手法

一方、リノベーションは前提がマイナススタートでないケースが多く、あえてそのまま住める状態の物件を、自分好みに変えてしまおうというプラス要素が強い言葉です。マンションで主流なのがフルリノベーション(フルスケルトン)と言ってコンクリートの躯体意外を綺麗さっぱり撤去して、新たに空間を構成する手法があります。マンションの間取りは面白いくらいパターン化されているので、マンションの立地に新しく居住空間を作り出すいいとこ取りが、昨今マンションリノベ の人気を押し上げている原因の一つでしょう。

まとめ

 如何でしたでしょうか?業界に慣れた人も最近ではほとんどのケースで「リノベ」と呼ぶことがあるので、リフォームという言葉自体が消えていってしまうのかもしれません。

 いずれにせよ新築以外の手法が活発になっていくのは社会全体でも建物寿命を伸ばす良い傾向にあると思いますので、これからも動向を見守っていこうと思います。

関連記事

最近の記事

TOP