床下断熱は気密性が低くなりがち

住まい便り

 住宅において、断熱性能と合わせて確保したい性能が気密性能ですが、既にお住まいの方でも簡易的に気密性について判断するための基準を紹介します。

床断熱と基礎断熱

 断熱材は室内と室外を温熱環境的に分断するために敷設するため、床下空間の考え方によって大きく二つに分類ができます。

床断熱

 床断熱は、1階の床下で外気と内気を分けるように施工します。床下にある基礎空間には外気を通し、一年中空気が循環するように通気性を確保します。断熱材は床材のすぐ下に施工することになります。基礎空間に通気性があるので湿気などによるカビ等の被害を発生させにくい工法となっています。

基礎断熱

 基礎断熱は基礎の外または内側に断熱材を施して、基礎空間も含めて室内空気を考える点が床断熱と大きく異なります。基礎空間に通気がないため、湿度等への対策が必要ですが、床下エアコンを利用した空調システムと相性が良いとされています。

気密性はどちらが高い?

 厳密にいうと、工法そのものに優劣はありません。しかし、気密施工の方法によって難易度が異なるため、冒頭にあるように床断熱の方がリスクが高いと考えられます。その理由は以下の通りです。

床組みが複雑

 床下には基礎があり、基礎の上に土台を敷いて横架材(根太など)である程度区画を作ってから板材(合板)、フローリングと重ねていくことで床面が完成します。板材の直下に断熱材を施工しますが、どんなに正確に材料が作られ施工されても±2mm程度はどの材料でも狂いがあります。よく鉄骨、鋼材なら問題ないというトークも聞くのですが、普通に季節によって伸び縮みしますし、材質に関係なくある程度狂いが出てしまうものだと思った方が良いです。

 ある程度狂いが出るということは、隙間が生じやすい環境にあるということです。床下で充填系の発泡断熱材は施工がしづらいですし、ほとんどの場合が板物のスタイロフォームを施工していると思いますが、気密テープを貼らないと空気は合間を縫って冷たい空気を床に伝えてしまいます。また、柱や筋交・土台などの部材が集中する場所は形が複雑になるため、断熱材や気密テープがうまく施工できないことが多く、施工品質をコントロールするのが大変難しいです。

配線、配管等による欠損部の断熱が甘くなる

 これも施工品質によるのですが、間取りによっては床部分に欠損を作って配管を通すケースも少なくないため、その隙間を綺麗に埋めることができるかが重要です。

写真の上部のように配管によってできた隙間を埋める必要があり、充填系の発泡断熱材が適当に思います。配線や配管は家の中に無数にあるため、一つ残らず施工しなければいけません。非常に神経を使う作業です。

きちんと施工すれば大丈夫

 少し、床断熱を虐めすぎた感はありますが、もちろんしっかりと施工されていれば問題はありません。最終的には気密検査によって数値が出ますし、基礎断熱と言えど施工を誤れば気密性能は確保できません。

 もし、今お住まいの住宅で床の冷えが気になる場合は図面等で工法を確認しましょう。(仕様書などに記載があります)気密性はあまり重要視されていない節があるので、気密テープや穴埋めなどの気密施工がされていない場合もあります。これから住まいの検討、建築が始まる方もこの辺りはしっかり確認しておいた方が良いです。施工現場の写真なども可能であれば撮影押しておくと良いでしょう。

まとめ

 床下断熱は施工の手間が比較的楽な上、基礎空間の通気を確保することでカビ等のリスクを下げている理にかなった工法です。しかし、施工方法や気密に対する考え方によっては十分に性能を発揮できないケースも多いようです。近いうち基礎断熱についても紹介しますので、比較した上で希望を伝えましょう。(工務店によっては対応しているもの、していないものがあるので事前に確認しましょう)

関連記事

最近の記事

TOP