開けてびっくり意外な費用2選

お金の話し

 住宅取得にあたって、いざ購入に進むと説明のない費用が!というご相談は毎年必ず十数件あります。その中でも50万円を超える大きな費用をご紹介します。

マンションの修繕積立基金

これは新築のマンションのみに発生する費用です。パンフレットの片隅に小さく書いてあることが多い印象です。スーモさんなどのポータルサイトでは、「物件概要」という項目に他の費用と一緒に記載されています。

新築マンションの場合、これから修繕積立金を毎月徴収することになるので、初期の段階ではほとんど積立ができないまま15年目の修繕が始まってしまいます。そこで、新築マンションに限っては購入時にまとめて徴収する形式がほとんどです。その金額には幅があり20万円台から100万円と高額になります。供用部が広かったり、付帯設備が充実している建物で高額になる傾向があります。また、修繕積立基金が安いとしても、大規模修繕時に修繕費が足りないとなれば臨時集金と言う形で修繕費を負担する必要がでてくる可能性もあります。

なお、修繕積立金はマンションの供用部にのみに適用されるケースがほとんどで、各世帯の占有部分の修繕に関しては入居者の負担となります。
例えば給湯器が故障してしまった際の交換費用は全て入居者持ちとなり、毎月の修繕積立金以外にもメンテナンス費用を蓄えておく必要があります。

住宅ローンの保証料

 住宅ローンは一般の方が借りるローンとしてはもっとも高額です。そのため、銀行としても最後まで返済してもらうために厳しい審査を行っています。
また、晴れて借りることができるとなった場合でも、将来どんなリスクがあるか分かりません。そこで、万が一返済ができなくなってしまった場合でも保証会社を間に立てることで銀行は貸し倒れしない様になっています。

債務者が返済不能になると、保証会社が銀行に残債を一括で支払います。そして債務者は保証会社に対して残債を支払うという流れになります。この保証会社を利用するための保証料が意外と高額になります。

現在、ほとんどの金融機関は借入金額の2.2%を保証料として設定しています。例えば4000万円の借入をした場合には88万円の保証料がかかる計算です。他にも契約印紙や融資手数料などを合算していくと100万円近い諸費用がかかります。

保証料は現金で一括支払いするか、金利上乗せで支払うことになります。上乗せ分は0.2%程度になることが多く、自己資金が潤沢な方は一括で支払った方がトータルではお得です。

まとめ

 さて如何でしたでしょうか。いざ購入となってから50万円以上の出費が突然現れたら焦ってしまいますよね。住宅購入は事前に可能な限り綿密な資金計画を立てておくことが欠かせません。今が買い時と焦らず、将来にわたって支払う住宅ローンや建築費についてはじっくりと検討しましょう。

関連記事

最近の記事

TOP