住宅情報雑誌の落とし穴

お金の話し

 ご相談に来られる方の9割は住宅雑誌(SUUMOさんなど)を見てから来られます。何から始めたら良いかわからないという方にとって、たくさんの住宅会社さんの実例が載っている情報雑誌は見ているだけでも楽しいです。
 ただ、個人的には住宅会社を雑誌で選ぶことはあまりオススメできません。その理由について紹介したいと思います。

予算が適当に決まってしまう

 みなさんが家を立てるとしたらいくらの予算をかけますか?例えば同じ会社や、お友達の住宅取得の話しなどから、「自分が建てるならこれくらい」という感覚値はお持ちではないでしょうか。ちなみに流山エリア、土地探しからの方で一番多いのは4000万円前後です。
 ざっくり土地は2000万、建物も2000万として価格に合う住宅会社を検討するとします。しかし、4000万円の予算で2000万円の土地を買えば、実際には諸費用などが別途かかるため、建物には1500万円もかけられないのが実情です。広告などには「990万円〜」や「1490万円の家」といった触れ込みがありますが、本当にその予算で収まるかは大いに疑問です。安かろう、悪かろうというのはある程度事実だと思いますし、「家なんて住めればいい」という意見もたまに聞くのですが、それこそ賃貸で良いのではないかと思います。

時間が無駄になる

 住宅会社に行くと年収や希望予算から簡単な資金計画書が出てきます。すると前述の通り、「全然予算が足りないね」となってしまいます。つまり、住宅雑誌で選んだ価格帯の住宅会社でお願いするためには、予め自分たちで予算計画を練っておく必要があるのです。
 これをしないがために、打ち合わせが二度手間となり時間をロスしてしまいます。もちろん住宅会社としても時間を割いて打ち合わせをするわけですから、お互いにとって時間が無駄になってしまいます。
 さらに、予算が足りないとなれば借入額を増やしたり、土地価格の見直しやエリア選定のし直しも必要になるので想像以上に時間を取られるでしょう。この時点で疲れてしまう方が多いように思います。

当てにならない坪単価

 住宅会社を比較する際の目安になるのが坪単価ですが、ざっくりと価格帯を把握するためには役立ちます。しかし、その坪単価と希望する建物面積で想像を膨らませるのは大変危険です。
 坪単価には決まった定義がありません。「付帯工事を含まない」「施工面積ではなく表示面積」など安く見せようとする工夫はいくらでもできてしまいます。坪単価というのは結果的なもので、一つ一つの家ごとにばらつきがかなりあるものです。ですから、おしゃれな写真と坪単価で選ぶと「全然予算に合わない」ということが起きます。

坪単価以外に「X000万円台で建てた家」というのも注意が必要です。2400万円でも2000万円台で紹介できますから、この400万円のギャップを埋める必要があります。どうしても気になるのであれば住宅会社にその事例にかかった建築費用を教えてもらうと良いと思います。

まとめ

住宅雑誌にはたくさんの魅力的な施工事例が掲載されています。それを見るだけでも十分楽しいのですが、実際には多額の費用を払い作られるものです。デザインや生活像へのこだわりと同じくらいお金のかけ方も是非こだわって頂きたいと思います。
 昨年は住宅ローン破綻件数が例年の倍程度との情報もあり、そのほとんどが限度額いっぱいまでの借入だったそうです。年収は上がるだろうという前提での住宅ローンの組み方はより一層危険な手段となり得ます。
 まずは今の状況を整理して、適正な金額の住宅取得ができるのかどうか。あるいは、今は買うべきではないと判断するためにも雑誌やネットの情報だけでなく実際に資金計画を作成してみるというアクションをお勧めします。

 おおたかの森住まい研究所では、これから住まいを考える人に無料で綿密な資金計画をお作りさせて頂いています。オンラインでの対応もしておりますので、是非ご活用ください。

STORES 予約 から予約する

関連記事

最近の記事

TOP