外壁にコケが生える原因

住まい便り

 長い間風雨に曝される外壁は定期的なメンテナンスが必要です。そのため、見た目や価格だけで選んでしまうと、かえって長期的なメンテナンスコストが増大してしまい、家計を圧迫してしまいます。

 その外壁に起こる厄介な現象の一つに今回紹介する「コケ」があります。自分の家にコケが生えていたら,,,イヤですよね。そこで発生の原因と対策をまとめてご紹介します。

それ本当にコケ?

 外壁が緑や黒っぽく変色していたらそれはコケ、とは言い切れません。ほとんどのケースではコケ、藻(も)、カビに分類できます。コケと藻は植物の仲間ですがカビは菌です。発生している原因をしっかり突き止めないと、目に見えない壁の中が大変なことになっているかもしれません。掃除をすれば見た目は綺麗になりますが、あまりにも様子が酷い時は建物内部の欠陥が起きていないか確認が必要です。(特にカビのケースは要注意)

コケの生える原因

①山林や自然環境が近い

 苔や藻、カビも突然そこに根付くのではなく、どこから胞子や種子が飛んできて定着します。比較的整備された都市部よりも、郊外や近くに自然環境が豊富に残されている住宅地では発生の原因となる種子などが多く存在するため、必然的に発生確率は高くなります。また、住宅街でも古くからある密集した場所では樹木などが生い茂っていることもあり、そこから原因となる種子が飛んでくる状況になります。土地探しをされている方は周囲の状況もよく確認しておいた方が良いでしょう。

②湿度、風通し、日当たり

 イメージ通り、湿度が高く、風通しが悪い、日陰で繁殖しやすい性質です。しかも目につかない場所で発生するので、気づいた時にはかなり進行してしまっていることが多いです。

 隣地との空きや、その地域の風土にあわせて建物の配置計画に工夫が必要になります。また、この条件が揃う場所では光触媒などの防汚性能もあまり発揮されません。外壁に防汚タイプを選ぶこと自体は間違いではありませんが、性能だけに頼ってしまうと思わぬ結果を招いてしまいます。プランニングの際には十分に注意してもらいましょう。基本的に家は後から動かしたり、変形させたりできません。

③外壁の材質

 条件さえ揃えばどこでも発生してしまうので、必ずコケや藻がつかない外壁(材料)は存在しません。しかし、発生しやすい材質と特徴はある程度わかっており、どうしても心配な方は外壁選びの参考にしてください。

・モルタル系の外壁
・窯業系サイディング外壁
・ALC系の外壁
・リシン系の外壁

これらの外壁は比較的発生しやすい材質です。共通点としては表面がザラザラしていたり、凹凸が細かいなどです。逆にツルッとした種類の外壁はつきにくいといって良いと思います。(金属系の外壁など)

また、本質的ではありませんが外壁の色によって目立ちやすいものもあるので、白や明るいベージュ系は避けた方が良いかもしれません。

室内のカビが外に浸潤しているケース

 さて一番被害が大きそうなカビですが、古い家屋などでは室内で発生したカビが外まで達しているケースも少なくありません。その原因は断熱と気密です。省エネ性能では外気から暖気、冷気を遮断するために断熱材の性能が重要とされています。断熱性能が低いと、室内側に大量の結露が発生し、長い時間をかけてカビの成長を促進させてしまいます。また気密性能についても、隙間が多い住宅ほど計画換気が機能しなくなり、湿気の停滞によってカビの発生を促してしまいます。

解体したら壁の中が真っ黒だった!という現場に何回も出会っています。特に日本は湿度が高い気候なので、季節を問わず断熱性と気密性能をしっかり確保しておく必要があるでしょう。

原因の断定と対策を!

 さて、コケや藻、カビが発生していることに気づいたらまずは原因を探りましょう。

 もしコケが付いているだけだとしても油断はできません。放置しておくとその部分はどんどんと劣化が進んでしまいます。
高圧洗浄機によってセルフで清掃をされる方もいらっしゃると思いますが、下から上に向かって水が流れることを住宅では想定していませんので、水が壁内や小屋裏に入ってしまい別のトラブルに発展してしまう可能性があります。無理せず専門の業者さんに相談するのが吉です。

関連記事

最近の記事

TOP