予算オーバーはなぜ起きる?

お金の話し

 家づくりの中盤になると、ほとんどの方が当初の予算をオーバーしてしまう場面に遭遇します。住宅会社さんと契約後に打ち合わせを進めていたら、あれもこれもと希望が出てきてしまい、数百万円単位でコストアップという話しは決して珍しくありません。なぜ下準備を重ねたにも関わらず予算オーバーになってしまうのか、その事例を紹介します。

仮契約なんて存在しない

 「とりあえずどこで建てるかだけでも決めませんか?」「細かいことは契約してからでも変更できます」こういうトーク聞いたことはありませんか?
経験上、これが予算オーバーの原因(遠因)で一番多いように思います。

住宅は決めなければいけないことが沢山あります。壁紙や床材などの材料や色、キッチン、お風呂などの住宅設備の仕様など、ほとんどの人は打ち合わせで疲れてしまいます。1日では到底決めきれません。

 これを契約前に決めておくというのは至難の業です。ですから、大抵の住宅会社では契約用に「標準仕様」というのを設定しています。この標準仕様を基準に契約前に見積書が提示されるのですが、実際に打ち合わせしてみるとこだわりが出てきてしまい、気づけば数百万円単位のコストアップになってしまうのです。

 そもそも「標準仕様」には変更を前提としていない価格設定のものが多いです。(いわゆるセットプラン)この標準から少しでも外れてしまうと、金額が一気に跳ね上がってしまうのです。該当するのはキッチンやユニットバスなどの住宅設備、間取りでも制約があるケースがあります。是非契約前にお見積書の見直しや、第三者によるチェックも検討しましょう。ここで面倒くさがってしまうと後々後悔が大きくなってしまいます。

 このような予算オーバーを起こさないためには、金額変動の大きな住宅設備については契約前に自分たちの希望する設備仕様をショールームなどで体験しておくと良いです。
 また、パナソニックさんやリクシルさんは一社で取り扱う範囲が広いので色々探し回る手間が減ります。見積書と設備プラン図も作成してくれるので、契約前に「設備はこれでお願いします」と渡しておくと良いでしょう。
 そこまで時間が取れないという方も、見積もり提示の際に「住宅設備の仕様について資料を下さい」と言っておけば、契約前に内容の確認が可能です。

お金を払うのはあなた

以前このような相談事例を記事にしました。

設計士にとってコストコントロールは重要な仕事です。残念なことにその重要性を真に理解していない担当者も少なからずいるため、一定の合で似たようなご相談を頂きます。

 この相談事例の本質は、誰がお金を払うかだと考えています。
お施主様自身が「自分が決定者」であるという認識は常に持っておいた方が良いでしょう。
 例えば、100円のりんごジュースと10,000円のりんごジュースが目の前にあって、どちらか一つを選ぶとしたらその違いは何か気になりますよね。産地や品種、農家、ブランド、評判、評価、数量、希少性などの情報、納得できる理由があって初めて選択が可能になります。
 情報を分かりやすく提示するのが設計士、それを聞いて納得できる方を選ぶのがお施主様です。言わないと出てこないことが多いのですが、数千万円の大きな買い物ですから臆せずに情報を請求しましょう。これをやるかやらないかで、契約後の予算オーバーも、費用の納得感も大きく違ってきます。

まとめ

如何でしたでしょうか。実際に体験しないとわからないことなので、文章でどこまで伝わるのか不安ではありますが、少しでも参考になれば幸いです。

・契約時の見積もりは金額だけでなく、仕様の内容も確認する
・予算のコントロールを担当者任せにしない

この2点を意識して後悔の少ない家づくりにしましょう!

関連記事

最近の記事

TOP