ペアローンの概要とメリット、デメリット

お金の話し
https://otaka-sumai.com/wp-content/uploads/2021/01/インスタ用ロゴ内装-300x300.jpg
すまいラボ

ペアローンとは夫婦がそれぞれ債務者となって融資を受ける住宅ローンの形態です。1人よりも多くの借入が可能となります。夫婦の共働きは増加しているため検討する方も多いはず。今回はその概要を紹介します。

https://otaka-sumai.com/wp-content/uploads/2021/01/IMG_2428-460x460.jpeg
りく

ペアローンの中にも様々なタイプがあるのでよく検討しましょう。共働きも増えていますが、離婚する夫婦も増えています。大きな資産なので後々トラブルにならないよう慎重に進めましょう。

ペアローンとは?

 ペアローンを組む必要が出るのは、1人の収入だけで希望する物件購入額に融資額が届かない時です。条件としては夫婦のそれぞれが収入を得ていること以外にも、年齢や雇用形態が審査基準を満たしていることなどが挙げられます。

 なお、ペアローンと言っても一括りにはできず、ペアローン、連帯保証人型、連帯債務型と3つのタイプがあります。販売担当者から「ペアローンでいきましょう」と言われた際にはどのタイプを差しているのか必ず確認をしましょう。場合によっては思わぬ不利益を被ってしまう場合があります。

 ペアローン型3つのタイプ

ペアローン

 夫婦はそれぞれが住宅ローンを組みます。お互いが債務者として住宅ローン返済をし、お互いの連帯保証人となります。住宅ローンが二つ組まれるので、契約に関する印紙や手数料などの費用が倍になります。

また、夫婦と住宅ローンや補助制度の範囲は以下のように設定されます。

  • 所有権
     夫婦がそれぞれ所有しますが、持ち分は購入費用の負担率に準じて変わります。夫が2,500万円、妻が1,500万円のペアローンなら夫が5/8、妻が3/8となります。なお支払いと登記状の持ち分割合が異なる場合、差額を贈与とみなされて課税対象となってしまう場合がありますのでご注意ください。
  • 住宅ローン控除
     夫婦それぞれが控除の対象となります。控除額の最大上限が2倍になりますので、元々年収が高い方で控除額が大きい方はあえてペアローンを選択することで大きなメリットになる可能性があります。控除額の上限と実際に控除される金額は全く異なりますので、まずは今ご自身と配偶者がどれだけ所得税や住民税を徴収されているか確認してみましょう。
  • 団体信用生命保険
     夫婦がそれぞれ加入します。そのため、健康状態などについての審査はそれぞれがクリアする必要があります。また、保障範囲は加入者分のみとなりますので、片方の債務者が亡くなった場合でも、もう片方の債務は変わらず残り続けることになります。

連帯保証人型

 連帯保証人型では住宅ローンを契約するのは1人になります。よくみかけるのが、ご主人の収入に奥様のパート収入を合算するケースです。(パート収入で合算できる銀行とできない銀行があります。)借入額が増やすことができ、手続きや手数料、印紙代などは一人分で済みます。
 多くの場合で奥様が連帯保証人となりますので、ご主人の返済が滞ってしまうと奥様が返済しなければなりません。
 扶養内で働かれている配偶者の方がいるご家庭に向いています。逆に配偶者の収入が扶養範囲を超えている場合にはデメリットが多くなってしまいます。

  • 所有権
     連帯保証人には所有権がありません。よってパート収入などから実際に住宅ローン返済の一部を負担していたとしても、所有権自体は発生しませんので、離婚時などのトラブルの原因になりやすいため注意が必要です。
  • 住宅ローン控除
     連帯保証人は控除の対象になりません。扶養内で働かれている場合にはあまり影響が大きくありませんが、連帯保証人が扶養範囲を超えている場合は控除の恩恵が受けられないためデメリットになってしまいます。
  • 団体信用生命保険
     連帯保証人は加入することができません。合算収入の多い少ないに関わらず、保障が受けられないためリスクに応じた合算額の設定が必要です。

連帯債務型

 連帯債務型はペアローンに似ていますが、大きな違いはローンが一本と言う点です。手数料や印紙代はペアローンよりも安く済みます。夫婦がそれぞれローン契約者と連帯債務者の関係になりますので、連帯保証人型に比べて責任関係にも違いがあります。連帯債務型を取り扱っている金融機関は他と比べてあまり多くない印象です。必ず事前に取り扱いを確認しましょう。

  • 所有権
     連帯債務者にも所有権が発生します。ペアローンと同じく、夫婦がそれぞれ負担しただけの持ち分に設定しないと贈与税が発生する場合があるので注意が必要です。
  • 住宅ローン控除
     連帯債務者も控除の対象になります。
  • 団体信用生命保険
     連帯債務者は通常加入することができません。しかしフラット35の商品であれば加入することができます。(デュエット

どのタイプを選ぶべきか

 ペアローンにも種類と特徴があるとご理解頂けたでしょうか。最後にそれぞれのタイプに合うご家庭を紹介して終わります。

【ペアローン】

 ・夫婦それぞれが安定してまとまった収入がある
 ・出産、育児から復帰する見込みがある
 ・夫婦ともに健康状態に問題がない

【連帯保証人型】

 ・所有者を1人にしたい場合
 ・収入合算した上で、ローン控除などの恩恵が薄い場合

【連帯債務型】

 ・収入合算をして、ローン控除を2人とも受けたい場合
 ・手数料等を安く抑えたい場合

ご自身の希望するローンのタイプが見つかれば幸いです。なお、住宅ローン控除は控除額の計算が若干複雑になります。ペアローンを利用する・しないの判断の一つの指標になりますので詳細に検討しておきたい方はご相談に来て頂くことをオススメします。

関連記事

最近の記事

TOP