床暖房 電気式と温水式の比較

住まい便り

 床暖房にも大きく分けて二種類の方式があるのですが、より深掘って紹介していきます。前回のメリット・デメリットから一歩踏み込んだ内容です。

電気式


電気式は床下に仕込んだ電気で発熱するヒーターを仕込むことで部屋を暖かくする方法です。 さらに【蓄熱式】【PTCヒーター式】【電熱線ヒーター式】に分けられます。※他にもあるようですがメジャーな方式を紹介しています。


蓄熱式

電気代が安くなる深夜の時間帯に電気を蓄えておき、使用時に電気を使用します。蓄熱性能の高い素材に熱を与えるため、床以外にも天井などに設置する場合もあるようですが実際に採用されている住宅をまだ見たことはありません。

蓄熱式のメリットとしては深夜電力を利用するため、月々の電気代を通常の1/3程度に抑えられることが挙げられます。一方で設置コストは電気式では最も高いため、オール電化や普段から暖房使用量が多い家庭に向いています。

PTCヒーター式

 センサーで温度を感知し、温度調節をしながら暖めるタイプです。例えば、日光がよく当たる床面は温度が勝手に上がるので加温しませんが、それ以外の面では加温をするように自動で調整します。パナソニックの電気式床暖房がこのタイプです。

電熱線ヒーター式

 電力を直接熱に変える電熱線をパネル状の加工したヒーターを敷設する方式です。メリットとしては設置費用が安いこと、施工性が良いこと、デメリットは他の方式と比べてランニングコストが高くなります。

電気式のまとめ

 電気式全般に言えることはランニングコストが高くなってしまうことです。使用量がダイレクトに電気料金に反映されます。そのため、細かい温度制御を行うPTCタイプか夜間電力を使用する蓄熱式を選択する方がベターです。また、パネル同士の結線箇所は温めることができず、サーモスタット(センサー部)には物が置けないなどの制約もあります。なお、後に紹介する温水式と比べて漏水する可能性も無いためメンテナンス性が高い点も重要です。

温水式


温水式床暖房は床下に温水を循環させるパネルを設置する方法です。ガス、または電気で温水を作り、床下を循環させることで部屋を暖めます。オール電化住宅では電気を、通常のガス給湯器であればガスを使用して温水を作ります。

 温水式のデメリットはイニシャルコストと漏水リスクです。電気式に比べて複雑な構造をしているため、施工にも手間がかかります。また、可能性は低いものの実際に床下を温水が通っているため、メンテナンスを定期的に行う必要があります。(循環液の交換・補充)なお漏水リスクについては経験上99%施工時のミスが原因です。床を固定する際に誤って釘打ちをしてしまい、循環用のホースに穴を開けてしまったケースに何回か出会いました。

 温水式のメリットは温まり方が均一で敷設範囲も広いこと、ランニングコストが安いことです。分譲住宅など、広く普及しているのは温水式の印象ですが住宅技術の進化と共にこういった状況も変わっていくと思われます。

まとめ

 床暖房は比較的新しい技術ですが、だれもが採用を検討するほどメジャーな設備になりました。電気式にしても温水式にしても、暖かい住宅環境は健康にとっても非常に重要な要素です。同時に、この床暖房費用を断熱気密工事費用に充ててエアコンだけで快適に暮らす住宅も登場しています。設備に頼りすぎず、基本性能で勝負することも検討いただけると有り難いですね。

関連記事

最近の記事

TOP