床暖房のメリット・デメリット

住まい便り

寒いです、足元が寒いです。冬場の設備で羨ましいのが床暖房ではないでしょうか?賃貸住宅にはまずついていないですね。そこで床暖房のメリット・デメリット、光熱費やエアコンとの違いについても紹介します。

床暖房の仕組み

床暖房とは、読んで字の如く、床下に設置した暖房設備の熱を通して足裏や空気をじんわり温める住宅設備です。
温める速度は遅いのですが、じんわりと温まるのでご高齢の方にも好評です。
なお、床暖房には大きく分けて2つの種類があります。

電気式

電熱線ヒーター内蔵パネルを設置する方式です。
電力を熱に変えるヒーターをお使いの方はイメージしやすいですね。(オレンジ色に光るやつです。)

温水式

温水の通る細い配管を内蔵したパネルを設置する方式です。給湯器で作ったお湯を運んでいるのでガス代もかかります。

電気式と温水式では、それぞれ温まり方やコストに違いがあります。比較を通してどちらを選択するのかご検討頂けると幸いです。

床暖房を設置するメリットとデメリット

便利便利と聞く床暖房さんのメリットとデメリットをご紹介。

床暖房のメリット

●「頭寒足熱」という言葉があるように、勉強でも仕事でも集中するためには「頭はクール」にしておく必要があります。足元からじんわり温める床暖房は、頭がボーッとしにくいので受験勉強やリモートワークで成果を残さなければいけない家庭空間の強い味方と言えます。

●暖房といっても本体は床の下にあるので、エアコンや電気カーペットなどの器具と違って目には見えません。建築デザインをやっていると設備を隠す設計って特別気を使うので、最初から隠れている床暖房は意匠的にもgoodです。

●火を使わない暖房なので安全性が高いです。また、水蒸気などを発生させないのでカビや結露の原因を作りにくいです。風も出ませんので乾燥が気になる方にもメリットになります。(ただし水分補給は忘れずに…!)

床暖房のデメリット

●電気ストーブやガスストーブのようにスイッチを入れてすぐ暖まる器具ではありません。タイマーなども設定できるので朝晩などは生活リズムに合わせて調整が必要です。

●初期費用は高いです。あくまで家に組み込むタイプの設備になるので、どうしても作業の手が多くなったり、メンテナンスも一手間かかります。また、新築時に設置しないと床を剥がしてから施工するため、床暖房のためだけのリフォーム、リノベーションでは割高になってしまいます。

温水式と電気式はどちらを選ぶ?

さていざ床暖房を採用となれば、二つの方式から選ぶ必要があります。

イニシャルコスト(設置費用)

【電気式】25万円〜40万円
【温水式】45万円〜60万円
※標準的な30坪程度の住宅に設置した場合(敷設面積10平米程度)

ランニングコスト(光熱費)

【電気式】4500〜6500円/月
【温水式】2700〜3500円/月
※1日8時間程度運転した場合

あくまで目安になりますが、イニシャルが安い電気式・ランニングが安い温水式か参考なればと思います。まだまだ比較する内容は多いのでまたの機会に紹介します。

エアコンと床暖房はどちらが優秀?

 エアコンと床暖房はそもそも機能と用途の範囲がおきく違うので、どちらが優秀かという比較は単純にできないのですが、床暖房を設置するかエアコンだけで済ませるかの参考に比較します。

イニシャルコスト(設置費用)

【エアコン】10万円〜25万円
※LDKに12〜20畳用の場合

ランニングコスト(光熱費)

【エアコン】3000〜5000円/月
※設定温度22度、1日8時間程度運転した場合

エアコンには暖房以外にも冷房と空気攪拌機能、場合によっては清浄機能がありますので役割分担を踏まえた上で、床暖房の必要性を判断するというのがポイントになりそうですね。

注意点

 人気の設備である床暖房にも「後悔」はつきものです。いくつか事例を紹介します。

●いると思ったけど使わなかった
 キッチンの調理スペースに小さな範囲で床暖房を入れたケースです。調理が終わる頃に温まってきた。とのことです。調理スピードが速い人にはあまり必要にならないかもしれません。

●低音やけどをした
 通常の火傷と違い44〜50℃程度の温度で皮膚に起こる火傷です。皮膚が薄い乳幼児は注意が必要です。なお、電気式の方がパワーがあって比較的早く温まるため火傷リスクが相対的に高くなります。心配な方は温水式を選びましょう。

●床材が適応していなかった
 時間をかけて選んだこだわりの無垢材フローリング。無垢系は床暖房の熱によって変形しやすいのでメーカーが対応、非対応を記載しているのですが、どうしても選びたい床には対応品がなく,,,泣く泣く諦めたケースがありました。

まとめ

 床暖房には、温水式と電気式があるのでコストを比較しながら選択しましょう。また、温水式の方が安全性が高く、普及している印象があります。

 エアコンを付けない家はあまりありませんが、床暖房を付けない家はたくさんあります。設備をつけるということは、いずれ壊れて交換が必要になるということです。長い目で見てコストが気になる方は採用を控え、電気カーペットなどを使うことも選択肢に入れましょう。

関連記事

最近の記事

TOP