給湯器の電源を切っていませんか?

住まい便り

 今年は年末から年始にかけて寒波が来るそうで、先日の関越自動車道の事例を思い出しながらいつ何があっても良いような最低限の備えに頭を巡らせています。

 さてこんな寒い時期に、寒い時期だからこそ起きるのが給湯器の故障です。(大体話を聞くと冬場に壊れてしまった話しなのですが外気温と因果関係があるのでしょうか)数年前にも寒波が来た時に多くの家庭で凍結による水道管類の膨張破裂が見られましたが、給湯器とお風呂への配管に関して言えばあることをすれば凍結被害を防ぐことができます。

節約のつもりで

 ほとんどのご家庭に給湯器のリモコンが一つか二つ付いています。一つはキッチン周り、もう一つは浴室です。このリモコンには必ず電源スイッチがついており、お湯を使うためにはまず電源がONになっていないとお湯が作られません。この電源をONにしておくと「無駄にお湯を使ってしまうのではないか」「電源を入れておくだけでも電力を消費しているのではないか」という懸念から使うときだけ電源を入れるというご家庭もあるのではないでしょうか。
 実はこの電源をONにしておくだけでも凍結対策になるのです。現在販売されている給湯器には必ずと言って良いほど凍結防止機能が搭載されています。外気温が一定まで下がると自動でヒーターが作動します。この機能は電源をOFFにしていると作動しない機能なのです。
 追い焚き機能がある場合はポンプも自動で動く循環機能もあるので、浴槽に一定以上水を溜めておけばこちらも凍結防止として自動で作動します。(各製造メーカーによって仕様は異なります)なお、注意点としてはこれらの機能は給湯器と浴槽の間の凍結を防止する機能なので万能ではないということです。大元の給水管が凍結してしまってはそもそも水が届かないので意味がありません。これには夜中中水を少しづつ出しっぱなしにするしかありません。

 如何でしたでしょうか。冬場の外気温は関東でも氷点下以下になることは珍しくありません。一度凍結してしまうと復旧までかなり不便なので、是非こういった対策があるということを頭の片隅に置いておくといつか役に立つ日が来るかもしれません。

 

関連記事

最近の記事

TOP