構造計算は不要。は嘘

住まい便り

 過去にこの手の相談で「木造住宅は構造計算の必要はないので実施していませんと言われました。」という話しを聞いたことがあります。確かに一部の木造住宅では建築士が安全性を確認すれば確認申請時に構造計算書の添付を不要とする法文がありますが、これはあくまで構造計算書が不要なのであって構造計算が不要という意味ではありません。

 法律の改正もあり、構造計算書を保存図書の一部として保存する義務が発生しました。これは建築士法に定められた法文です。もし担当者から構造計算について「不要」という話しを聞いた際には、それが法律に違反した行為であるという認識を持ち、可能であればしっかりと構造計算や構造強度の重要性について説明をしてくれる設計事務所、工務店などを改めてお探しすることをお勧めします。

関連記事

最近の記事

TOP