排水口が匂うのは…

住まい便り

普段から掃除はこまめに行っているのに、ふとした時に嫌な匂いがしてくるという経験はありませんか?その原因は配管の奥にあるかもしれません。

排水口の配管のすこし先にトラップというクネクネした配管があります。S字とかU字とか、色々形と名称はあるのですが機能は基本的に同じです。その役割は汚臭を宅内に入らないようにするため。

トラップの中には封水といって水が一定量溜まるようになっており、つねに封水が宅内と配管から外側の空気を遮断しています。排水口の配管が繋がる先は下水なのでその空気が家の中に入ってきたら嫌ですよね。

この封水ですが、ただの水なので条件が揃うと蒸発してしまいます。一番多いのが旅行で一週間程度外出したケースです。封水は日常生活で水を使用する度に満たされるようになっているので、使用しない期間が長くなると水が足されませんので減っていく一方です。

以前新築の住宅のお引き渡しでお施主様に水回りを案内していた時も同じような状況で汚臭がし、騒然としましたが、これも工事が終わって入居までに水回りを使用しない期間が長くなってしまったため風水が切れてしまったようでした。このような経験から現場案内まえから水を流し、窓をあけてかんきするという対策を取るようになってから汚臭に遇うことはなくなりました。

もし匂いが気になった時はゆっくり水を流して様子をみてください。勢いよく流してしまうと十分な風水がトラップ内に残らず、封水切れを起こしやすくなりますのでご注意を。

関連記事

最近の記事

TOP