木製品の塗装の大事さ

住まい便り

結論:塗装はすべき。

 どんな家にも必ずある木を使った家具や建材。無垢材にこだわる方もここ数年でかなり増えてきたと感じます。手触りや質感の良さで人気の木材ですが、ほとんどの製品は表面に塗装がされています。例えば色を変えて、別の木材のような見た目を得られるものもあれば、艶出し効果のあるもの、あまり見た目が変わらないものもあります。

 よく見積書を提出した後に質問があるのが、この塗装に関する費用です。確かに塗装をすると少し金額が高くなります。材料の大きさや塗料の種類にもよりますが平均して+5000円/箇所くらいでしょうか。
着工前でコスト調整となると目をつけられやすいのがこの塗装費用。たくさん木製品を使用している場合には特に目につきやすいです。


 もちろん最終的に判断するのはお施主様ですが、後悔を極力減らすという観点でいつもさせて頂いている話を書かせていただきます。

木の変化を最後まで楽しめますか?

 世界最古の木造建築「法隆寺」とまではいきませんが、数十年単位でも木材は他の建材に比べて変化のある材料です。例えば「反り」は木の繊維の密度の違いによって自然に起きてしまいます。また、キャラクタとよばれる様々な模様もあります。こういった味わいが経年とともに増していく愉しさが魅力的です。
※床鳴りなどの機能的な不具合が生じるケースもありますので、気になる方は工業製品をどんどん活用していきましょう。

 こういった変化のうち、人為的に起きてしまう変化がシミ汚れです。テーブルなら年に1度や2度、お子様のいる家庭ならもっと高い頻度でジュースや調味料などの液体をこぼすことがあるでしょう。また、ドアなど直接触れる機会が多い建材は触った部分に手垢汚れがついてシミのように見える場合があります。自然の変化ならまだしも、アクシデントによって生じた汚れはなるべくカバーしていきたいものです。(もちろんこれらも含めて受け入れられるおおらかな考え方もOKです)

 雑に言うと人の手によって生じてしまう汚れなどをカバーしてくれるのが塗装です。最も多い塗装は「クリア塗装」といって、ほとんど色の変化を起こさない塗料による塗装です。塗料にはたくさんの種類があるのですが、弊社でよく使うオスモカラーという商品をベースに説明します。

お手入れをしやすくするのが塗装

 前述の通り木は天然素材なので、無塗装のままで使用すると水分をよく吸います。あまりに多くの水分を吸うと膨れ上がってしまいますし、水分に色がついているとそれも吸い込んでしまい、無傷で取り除くことはほぼ不可能です。そこで表面に塗装を施すことで木材に撥水性を持たせ、水分を簡単に吸い込ませないようにする効果が期待できます。あまりに長い時間放置すると染み込んでしまいますが、その場でさっと拭き取れば汚れは残りません。硬く絞った雑巾等で拭き掃除も可能になります。

塗装はDIYも楽しい

 使う場所によって難易度は変わりますが、思い出作りに自分たちで塗装仕上げをするご家族もいらっしゃいます。基本的に塗って拭き取る単純作業なので難易度は低めです。(施工費が減るので少し安くできたりもします。)切削加工もないのでお子様でも楽しめる数少ないDIYではないでしょうか。換気に気をつけて行いましょう!

関連記事

最近の記事

TOP